euphoria

日常。記事のタイトルは執筆中に聴いてる曲です

Who

セイント・ヴィンセントとデヴィッド・バーンのコラボ作「Love This Giant」を聴いている。1曲目からおしゃれでかっこいい(語彙力のなさ)。仕事で調べ物してた時に見つけたのだけど、アニークラークまじかっこいい。こんな女になりたい、まずはファッションから寄せていくわ。

 

youtu.be

 

一週間前、友情が破綻してしまった。もうどうしようもない!いや、でも考え方次第で戻れるのかな、、それで、1日寝込んでしまった。おばあちゃんが星になった日以来、たくさん泣いた。噴水みたいに涙が出てきて、びっくりした。人に気持ちを伝えるって、こんなにエネルギーを使うのか…!第3者に話すと、友情関係を壊したきたのは向こうの方だし、相手が悪い、あなたの気持ちもわかるけど、みたいに言われる。信頼する相棒には、良くない人だって言われた。そうかもしれない、私のこと大事に想ってくれるからそう言ってくれるのだと思う、でも、悪く言わないでって思ってしまった。友人のこと、とても大事に想っていた。悲しくならないといいな、寂しくなっていないかな、幸せになってほしいな、と思っていた。し、そう伝えた。何て言われたのかは忘れた。そのうち思い出すかもしれない。

相棒は、優しいことだけを言ってくれる人だった。でもここ1年くらいは違うんだよね、ちゃんと悪いこととか、厳しいことも言ってくれる。きっと、私のこと大事な人だと想うようになったのだろう。必要な時だけ連絡してごめん、私は上っ面な返信しかできない。いつも甘えてしまっていて、でも一緒に考えてくれるのは、当たり前じゃないんだな。私がこのままだったら、離れていくと思うって言われて、悲しかった。

だから私はきっと変わらなきゃいけないんだろう。このままでいいと思わない。でも変わりたくない、忘れたくないという気持ちもある。ストレートな欲を向けられてゾクゾクした。見ちゃいけないものを見た。幸福感じゃない、背徳感でいっぱいになって、快感だった。あんな目できるの知らなかった。びっくりした。こんな気持ちになるんだって。体温とか匂いとか、こんな声が出るのかとか、反応する自分を思い出してしまった。書いてて呆れる。だけど、先に進みたいと思ったから、終わりにしたんだろうな。

おしゃべりでどうしようもない人なのに、私の話はどうして言わなかったんだろう。もしかしてもうすでに知られているかもしれないけど、わからないから信じておく。この気持ちが幻なら、元に戻れるかもしれない。

早く春になってほしい。当たり前のように会ったり話したりしていたのに、ちょっとのことで離れてしまった。当たり前じゃなかったんだ。時間が経ったら、きっとまた会うのだろう。絶対会いたいって言うと思う、私が。やめなよって言われるに決まってる。言われたし。でも、言われてもやめられないから悩んでるんだよ、理屈じゃないんだよってめっちゃ言い訳する。だから傷付いたんだけど、相手が傷付くよりも自分が傷付く方がマシ。嫌われたくないし、めんどくさがられたくない。幸せになってほしい、したいようにしてあげたい。悲しくなってほしくないから、全部受け入れてあげればよかったんだ。

 

youtu.be

 

youtu.be

悲しくて音楽も聴けなかったけど、今は大丈夫になってきた。もやもやは消えた。この2つはあとでチェックする。